FAAJサポートチーム 兵庫県新人大会優勝

FAAJの河合です。

FAAJがサポートしている芦屋学園高校サッカー部が兵庫県新人大会で初優勝に輝きました!

https://www.kobe-np.co.jp/news/sports/201902/0012036129.shtml

優勝の裏側にあっのは?

1.弊社開発中ソフトも『チーム状況把握ソフト P+C』導入

https://www.dropbox.com/s/g6d81kgpq7rqg4b/P%2BC%E6%8F%90%E6%A1%88%E8%B3%87%E6%96%99.pdf?dl=0

4つのPとCがうまく繋がりあうことで、チームが同じ方向に進んだ。

「このソフトがあったからこそ、練習時間や選手の心理状態も考えたうえで試合に臨めた!」

 

2.サッカー特化型パフォーマンス測定サービス『フィジそく』導入(2ヶ月に1度)

https://www.dropbox.com/s/mzzkgh5sse95pd0/physisoku.pdf?dl=0

定期的な測定により、トレーニングの成果を可視化できました。選手たちも測定のための測定という考えで実施するのではなく、『測定そのものがトレーニングであり、自分試し』という考えで取り組んでくれました。

3.FAAJによるトレーニング指導

20mスプリントの一例ではありますが、初めて出会った頃は、練習試合では強さを感じるチームではありましたが、測定結果としては普通のチームでした。

掲載資料からもわかるように、FAAJのサポート後はすべての項目で数値が向上していきました。

GPSやSPLYZA Teamsなども利用してもらい、サッカーから落とし込んだトレーニング計画をチームビジョンに合わせて作成し、取り組みを実施しました。

 

新しいことをいれ、ともに進化する

何よりチーム自体が活気に溢れています。

新しいものことを積極的に学び、取り入れる。

既存の考えに支配されない。

決勝戦延長の場面で、前日練習までBチームの選手が突如ピッチで活躍する。

その場面、その状況に必要だった選手起用での優勝は、結果よりも大きいことをチームにもたらしました。優勝の翌日、オフにもかかわらず選手たちが自分たちでサッカーを思う存分楽しむためにグラウンドに来ていました。

この瞬間を目撃できたことを心から嬉しく思いました。

 

指導が変われば、選手が変わる!

これからもFAAJスタッフはチームのため、選手のためにさらなら学びを深めます。

 

 

サッカーが上手くなる練習とは?

サッカーの練習やっていて『自分が上手くなっている!?』っ実感ありますか?

『試合に出れる』『試合で活躍する』

試合にでれないと『上手くなっている』は実感できないんでしょうか?

いやっ!

そもそも『試合に出る』『活躍する』というのは・・・

『自分が上手くなっている!』ということと『直接関係するのか?』が怪しいところでもありますよね(この話はいつの日か)。

 

サッカーの技術って?定義は?

私がサッカーチームを指導する場合、競技すなわちスポーツとしてサッカーをしているチームと関わることが多いため、技術の定義を『スポーツ技術の定義』という視点で考えています。

スポーツ技術の定義

1)サッカーで行わる運動の理想的なモデル。理想的なモデルには、過去の研究や科学的知識、実践経験に基づき、何かしらの手法により記述することが可能なこと

2)習得しようとしている理想的な運動を実現するためのやり方、解決法

理想的な運動を習得するについてを考える

サッカーの技術は、時代の変化とともに変わっています。

なぜなら、目的である『勝利』にたいしての『手段』がどんどん変わってきているからです。昔から『戦術』はあったかもしれないけど、ルールも少しづつ変わり、テクノロジーも進化してきた中で、求めらることも変わってきています。

テクノロジーが進化したんだから、それを有効活用してみよう

ゲーム分析アプリである『SPLYZA Teams』をゲーム分析ではなくて、技術練習の分析で使用してみよう!

https://products.splyza.com/teams/guide/

そんな試みを指導しているユースチームで試みてみました。

対面のパス&コントロールを数値化してみる

10mと15mの間のパス&コントロールを、どんどん時間変化とともに発展させていきながら実施しました。

細かい実施時の基準なんかについては 『興味がある!』というお声をたくさんいただければ何かしらの形で表に出したいと思います(フランスのINFでやっているドリルをベースにしてみました)。

SPLYZA Teamsでタグ付けすると『集計』までめちゃくちゃ簡単!

過去に動画見ながら回数カウントしてエクセルにうつしてみてということもやりましたが・・・

こんな感じでサクッと出せます

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

パス評価『繋がった』について『選手』と考える

私:「こないだの集計出したけど、自分たちではどのくらい成功していた?」

選手:「80%くらいですか?」

私:「う〜ん、まあそんなもんかな〜。ちなみにCLの試合時のチームのパス成功率ってどんくらいやと思う?」

選手たち:「60%」「75%」「そんな低いか?90%?」

私:「まあ試合にもよるけど、少なくと80%は超えてくるな。個人でいうと95%超える選手もいてる」

選手たち「マジっすか〜やばいな〜」

私:「もう一回、こないだの対面ドリルの君たちの動画見てほしいんやけど、ゲームとして考えた場合、このコントロールからのパスって繋がるレベル?」

選手:「繋がらないですね」

私:「そうやねん!だからちょっとゲーム目線でも分析してみて集計出してみたんがコレやねん」

選手たち:「低いですね!あの時、終わってからも何でテンポが上がらないかの説明してもらったけど、その通りですね」

私:「となれば、普段からどうすればいいかみえてきた?」

選手:「はいっ!」

練習内容を定量化することでコミニケーションが増える

この後、自主練でも外から見ていても意識が変化したのがあきらかでした。

『SPLYZA Teams』を上手く活用することで選手たちの『心的特性(集中力や動機付け)』に変化が現れました!

もう少し色々と使って面白いこともできそうですし、データを取り溜めていくことで、日々の練習内容の進捗状況なども可視化できるのではないかと考えます。

サッカー選手に『加速力』は必要か?

こんにちは!いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

サッカーは『状況系』の競技である。スキル分類などでは『オープンスキル』などとも言われるんでしょうか。

オープンスキルは変化する状況にあわせて発揮する技能、クローズドスキルは外的状況が一定の中で発揮する技能と記載されていた記憶があります。

さあ、今日のお題でもあるように【サッカー選手に加速力は必要か?】についてです。

この質問を指導者にすると答えは必ず・・・

Yes!

という答えが返ってきます。

サッカー選手におけるスプリント能力について記載されている書籍の面白い文面を紹介したいと思います。
”「巧く走る」ことの効果
「巧く走る」ことを実現するには、陸上競技の競技者より走る動作に対して追求しなければならない点がいくつか見られる。たとえば、加速力やスピードコントロール、ストライド長ならびにリズムのコントロールといった点である。
加速力に関しては、陸上競技のスプリンターと同等かそれ以上の能力が必要である。陸上競技の短距離走において、加速力は重要な要素ではあるが、加速力だけで記録が決定するわけではない。しかし、サッカーの場合、5〜10mという短い距離での加速力によって相手プレーヤーとの駆け引きが左右され、ポジショニングが決定されるため、加速力は非常に重要であり、それが爆発的であればあるほど有効な能力となる”
※『スプリント学ハンドブック』編集:日本スプリント学会 P.159

圧倒的な加速力を持ち合わせていたとしたら、それをゲームの状況にあわせて発揮することで自分に優位な状況を作ることが可能です。

今回のロシアW杯のフランス代表キリアン・エムバペが正にそうでしたよね。

参考までにエムバペ動画↓(YouTubeなので削除されたらごめんなさい)

https://youtu.be/UNK_hWMhn0k

フランスナショナルサッカー学院(INF)でもスピードのトレーニングやテストは実施されています。その中でも育成年代においては10mや20mを重要視しています。

https://coachunited.jp/column/000749.html

記事にあるように2018年大阪府にてINFのディレクターであるジャンクロード・ラファルグ氏の指導者講習会と講演会が開催された。私もそれに参加させてもらいました。

この講習会の案内を出してくれた中村泰介氏の『より流動的な「パス&ゴー」を可能にするためのコーチング法の探求』についてもすごく面白いので紹介させていただきます。
http://jcoachings.jp/jcoachings2012/wp-content/uploads/2016/03/f10de57d59f0a0dacee389cd1366374c.pdf

私たちFAAJ(フットボールアクションアカデミージャパン)でも『フィジそく®』で測定項目として入れています。

加速力は生まれもって決まってしまっているものなのか?

確かにそれもあるでしょう。でもFAAJが指導したチーム、スクールにおいては100%スピードレベルが向上しています。

向上したスピードをサッカーにおける状況の中で活かす!

そのためには、段階的にスピードレベルを発展させていくためのトレーニング及び計画が必要です。

Back to top