いつもありがとうございます。

FAAJの河合です。

結果としての腰痛。その原因は足関節の問題が関与しているというケースです。

アライメント評価(静的)においては、著明な距骨下関節回外(内反)位です。

スクワット・スプリットスクワット・フォワードランジをReaLineバランスシューズ足関節用にて実施していました。

 

img_4879 img_4881

実施中に気になった現象がありました。

【足関節背屈下でのコントロールを避けるような動作】ということでチェックをと・・

img_4885

代償して深屈曲します。代償を修正してもらうと踵が浮きます。そして仙腸関節周囲に痛みを訴えます。

img_4882 (動画)

 

では・・

 

img_4884 (動画)

足関節背屈可動性を板を踏むといことで補うと、

踵が浮きません。

仙腸関節周囲の痛みも出現しません。

細かく記載するともっと複合的な問題も多数ありますが・・・

サッカーの後に腰痛を訴えるのですが、もちろん腰部で起きている問題も事実です。でもサッカーは地面に足(スパイクを履いて)をついて行うスポーツです。

腰痛の問題は、もちろんその部分へのアプローチも必要です。でも足で起きている問題を改善しないと根本的には改善しません。

そんなお話しでした。

『サッカー後の腰痛』

もちろん足関節のみが原因ではありません。

なぜかって?

じゃあ、なぜ足関節は崩れているんだよ???って方が重要です。

続く

Continue reading