Category

こんにちは!

FAAJ、理学療法士の高階です。

毎週、高校生のサッカー部にフィジカルトレーニングを指導しに行っています。

今月のテーマは「方向転換」です。

先週は、特にカッティングまでのスピードは統一させず、対象物に対して一方向のカッティング動作を実施してもらいました。

その中で非効率な動きがある選手に対して修正していきながら、効率的な足の運び方についてセッションを進めていきました。

動画を見直しても、こちらが修正した後カッティング時に大きくリズムがズレる選手もいない。

足の置く位置が悪過ぎる選手もいない。

これは出来ているのか!?

いやっ待てよ…と一度自分自身の目を疑いました。

スピードの統一をしないと問題点も見えないよな…と思い、昨日のセッションでは、「よーし、今日は横の選手と競争や」と言い、選手が100%で取り組む環境をつくりました。

100%で実施すると、対象物に対して滑る選手、減速仕切れない選手、重心移動が不十分な選手、上手く回旋の動作を使えていない選手などたくさんの問題点が見付かりました。

もちろん先週から出来ていた選手もいるのですが、多くが出来てた風でした。

サッカーにおいても、タラタラ〜っとゆっくり走りながら方向転換する場面は少なく、カウンターの場面なんかは、スプリント→方向転換→スプリントみたいにスピードに乗った状態から一気に方向転換しないといけないですよね。

もっとサッカーからトップダウンした内容を選手に提供しないといけないなと改めて感じた一日でした。

来週は昨日見えた問題点に対して、修正できるドリルを考えて取り組んでもらいたいと思います。

昨日の一番の後悔は、雨で動画が撮れなかったこと…

やはり後から選手の動作を見返せる動画は必要ですね。

来週は雨が降りませんように。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top