靴の履き方が良くない選手の靴を覗いてみた結果…

こんばんは!

FAAJ、理学療法士の高階です。

前回のブログでは、実際現場で起きている小学生の靴の履き方について書いていきました。

今日は、そのような靴の履き方をしている選手の靴について書いていきたいと思います。

まずは写真を見ていきましょう。

32F5709C-B567-4FFD-9351-D67518D2EF8C

DA126427-8FF2-4176-AE1A-5AD06E6B2F61

このように靴の間口の大きさも違えば、踵のアングルも変わってきていますよね。

「子どもの靴だったらこれぐらい当たり前じゃないの?」

って思われるかもしれません。

違うんです!!

中には座って踵が潰れないようにきちんと履いている選手の靴は、このように踵が潰れずに綺麗に保たれています。

2BF7A285-5B2B-41BA-9A1A-73B7C12AA4C3 BE5C71B7-F577-409F-B56F-FE19417A539B

足と靴は一体化!!と言う言葉があるように靴がこれだけ崩れていると、その選手の足もこの形に崩れているのがイメージ付きませんか?

以前のブログにも書かせて頂きましたが、足下は唯一地面と接しており、そこが崩れると膝や股関節にまで、もっと言えば腰痛を起こしやすいリスクも上がる可能性が高くなると言われています。

チームでこのような靴の崩れが多い選手は要注意です。

そのようなチームは行く行く怪我の多いチームにもなり兼ねません。

監督やコーチが見てあげれるのは、サッカーをしている場面だけではありません。

それ以外に目を向ければサッカーのパフォーマンスに関係してくる場面がたくさんあります。

このブログを読んで少しでも前向きに捉えて頂いたのであれば、選手の為を思って「靴は大事にして履いてあげてね」だけでも一声掛けてあげて下さい。

その一声が怪我の繋がりを抑えるきっかけになるかもしれませんね。

また私自身が現場で感じた事を発信していけたらと思います。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございます。

サッカーをする前に…

こんにちは!

FAAJ、理学療法士の高階です。

昨日、昔お世話になったチームに行き、小学生低学年の足の写真を撮らせてもらいました。

小学生低学年の足は一体どういった足なんでしょう?

変形が進んでいる?

踵が倒れている?

アーチが低い?

これももちろん重要な観察点であると思います。

しかし、昨日「あぁーこういった事から靴が壊れて変形も進んでくるんだろうなー」っていう発見があったので皆さんにも共有していきたいと思います。

では、その動画をご覧下さい。

CF0A73EA-1AEA-4F60-8024-E3E925CDCA5C

D361342C-DCDC-4CD9-8CAF-6ECA4E663F44
この様に紐やマジックテープを緩めていない状態で無理くり靴を履いている選手がたくさんいました。

この一回が数日…数ヶ月続くと靴の形は変わってくると思いませんか?

靴の後ろの部分は踵があちこち動かないようにホールドしてくれる役目があります。

そこが潰れてしまっては、踵は置き所がわからなくなりあちこちで遊んでしまいます。

そのような状態が続くと靴擦れはもちろん、踵の傾きなんかも大きくなってくると思われます。

日頃少しの気遣いだけで靴の寿命が延びると思います。

この動画を見て、「あっ、ウチの子どもと同じ履き方してる」と思った方は是非直してあげて下さい。

まずは靴ひもを緩めて、踵をトントントンとしっかり合わせた状態で紐を結ぶ作業からでも構いません。

大きな傷害に繋がる前に、ちょっとした日頃のプラスの大きな作業を積み重ねていけたらいいですね。

今後も足にまつわる情報を発信していきたいと思います。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

サッカーと触覚について

おはようございます。

FAAJ、理学療法士の高階です。

昨日はサッカーと○○について書いていきました。

今日もサッカーにまつわる内容について書いていきたいと思います。

皆さん「五感」って聞いたことありますか?

字の通り「五つの感覚」です。

人間には五つの感覚があり、「触覚」「視覚」「聴覚」「味覚」「嗅覚」があります。

その他にも人間の感覚には、バランス機能と大きく関係がある「前庭覚」や自分の身体の位置や動きなどを察知する「深部感覚」などがあります。

その中でも今日は「触覚」について書いていきたいと思います。

皆さんもお分かりの通り、サッカーはこんな感じで相手と触れながらプレーする事が多いですよね。

YouTubeに面白い動画があったのでご覧下さい。

https://youtu.be/mJhoJImO83U

この様な状況の度に触覚は常に働かされています。

プレー中、何気に相手の圧(プレッシャー)やコンタクトを感じて、一流の選手は掛かっている圧の部分を跳ね返したり、逃がしたり、時には吸収したり、触れられた感覚に対して身体を上手くコントロールしている様に思います(自分の経験談も踏まえて)。

そこで皆さん、触れられた部位からきちんと身体を動かすことができますか?

まず、この動画をご覧下さい。

私は必死に触れられた部位から身体を動かそうとしています。

動画を見返すと、自分で「ここを触れられていたんか」とか「えっ、こっから動かし始めてるやん」など触れられている・動かしている感覚が動画で見た動きと少しギャップがありました。

背中って普段感覚が入りにくい部分でもあるので、触られている感覚や動かす感覚も鈍くなっているのかもしれないですね。

背中を中心にゴロゴロ〜としてみたり、背中に刺激が入る様な事をした後にもう一度同じ事をしたらどうなるのかな?なんて少し思っちゃいました。

またその様な前後比較も載せていけたらいいなと思います。

特にサッカーでは背中に相手を背負う場面が多いので、背中の触覚が鈍いのは良くないですよね。

腰を触られているのに首から動いてたりするかもしれませんよ。

是非一度パートナーとやってみて下さい。

今回、ご紹介させて頂いた内容は塩多雅矢さんのセミナーで得た内容を参考にさせて頂きました。

塩多さんのブログも面白い内容を書いているで皆さん是非覗いてみて下さいね。

https://ameblo.jp/bukatsu-physical/

今後もサッカーにまつわる情報を発信していきたいと思います。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

Back to top