Category

こんにちは!

FAAJ、理学療法士の高階です。

今日のブログでは、最大酸素摂取量(Vo2max)について書いていきたいと思います。

まず皆さん最大酸素摂取量ってなに?ってなりますよね。

・運動生理学の分野において、アスリートのVo2maxは心肺の健康状態を特徴づける変数として最も一般的に用いられる指標の1つとされている。

・Vo2maxは高強度運動中に身体に取り込み、筋で利用することのできる酸素の最高値に等しい。

・数多くの研究により、持久性運動中の高いレベルでのパフォーマンスは、高いVo2maxを必要とすることが報告されている。

参考書籍

長谷川博2015『エンデュランストレーニングの科学-持久力向上のための理論と実践-』有限会社ナップ

この書籍の内容を見ても「?」となる方も多いと思いますので、簡潔に伝えると「体内に最大でどの程度酸素を摂取できるか」と言うことになります。

このVo2maxが低いと、「ゼーハーゼーハ―」とすぐに呼吸が乱れやすくなってしまうのです。

その為、マラソンランナーやオリンピック選手はこのVo2maxの値が高い選手が多いと言われています。

では、このVO2maxってサッカー選手(特にユース年代で)にどう関係しているの?

・サッカーの競技レベルの高い選手が試合中において必ずしも多くの高強度運動を実施していていないが、競技レベルが高い選手は有酸素性持久力が高いこと、そして有酸素性持久力が高い選手ほど試合後半の高強度運動が多いことが示され、ユースサッカー選手においても有酸素性持久力を高めることは重要であると考えられた。

参考文献

http://www.waseda.jp/sports/supoken/research/2012_2/5009A088_abs.pdf#search=%27%E6%9C%80%E5%A4%A7%E9%85%B8%E7%B4%A0%E6%91%82%E5%8F%96%E9%87%8F+%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%27

このようにサッカーのユース年代においても、競技レベルと有酸素性持久力に関係があることが言われており、VO2maxも重要なファクターであることが考えられます。

じゃあ、このVo2maxってどうやって求めるの?

12分間走(クーバーテスト)の結果から、計算するのが一般的です。↓

最大酸素摂取量 = ([12分間で走行した距離(m)] – 504.9)÷44.73

例えば、12分間で2500m走れる人は、(2500-504.9)÷44.73 = 44.6になります。

しかし、今日は12分間走を用いず、YOYO持久力テスト(エンデュランステスト)を用いて実施してみました。

その様子を一部動画でご紹介したいと思います。

8665CC97-4E30-4F18-A833-F23AFF3392E5

明日のブログでは、そのYOYO持久力テスト(エンデュランステスト)をご紹介させて頂きます。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top