Category
Tags

こんにちは!いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

サッカーは『状況系』の競技である。スキル分類などでは『オープンスキル』などとも言われるんでしょうか。

オープンスキルは変化する状況にあわせて発揮する技能、クローズドスキルは外的状況が一定の中で発揮する技能と記載されていた記憶があります。

さあ、今日のお題でもあるように【サッカー選手に加速力は必要か?】についてです。

この質問を指導者にすると答えは必ず・・・

Yes!

という答えが返ってきます。

サッカー選手におけるスプリント能力について記載されている書籍の面白い文面を紹介したいと思います。
”「巧く走る」ことの効果
「巧く走る」ことを実現するには、陸上競技の競技者より走る動作に対して追求しなければならない点がいくつか見られる。たとえば、加速力やスピードコントロール、ストライド長ならびにリズムのコントロールといった点である。
加速力に関しては、陸上競技のスプリンターと同等かそれ以上の能力が必要である。陸上競技の短距離走において、加速力は重要な要素ではあるが、加速力だけで記録が決定するわけではない。しかし、サッカーの場合、5〜10mという短い距離での加速力によって相手プレーヤーとの駆け引きが左右され、ポジショニングが決定されるため、加速力は非常に重要であり、それが爆発的であればあるほど有効な能力となる”
※『スプリント学ハンドブック』編集:日本スプリント学会 P.159

圧倒的な加速力を持ち合わせていたとしたら、それをゲームの状況にあわせて発揮することで自分に優位な状況を作ることが可能です。

今回のロシアW杯のフランス代表キリアン・エムバペが正にそうでしたよね。

参考までにエムバペ動画↓(YouTubeなので削除されたらごめんなさい)

https://youtu.be/UNK_hWMhn0k

フランスナショナルサッカー学院(INF)でもスピードのトレーニングやテストは実施されています。その中でも育成年代においては10mや20mを重要視しています。

https://coachunited.jp/column/000749.html

記事にあるように2018年大阪府にてINFのディレクターであるジャンクロード・ラファルグ氏の指導者講習会と講演会が開催された。私もそれに参加させてもらいました。

この講習会の案内を出してくれた中村泰介氏の『より流動的な「パス&ゴー」を可能にするためのコーチング法の探求』についてもすごく面白いので紹介させていただきます。
http://jcoachings.jp/jcoachings2012/wp-content/uploads/2016/03/f10de57d59f0a0dacee389cd1366374c.pdf

私たちFAAJ(フットボールアクションアカデミージャパン)でも『フィジそく®』で測定項目として入れています。

加速力は生まれもって決まってしまっているものなのか?

確かにそれもあるでしょう。でもFAAJが指導したチーム、スクールにおいては100%スピードレベルが向上しています。

向上したスピードをサッカーにおける状況の中で活かす!

そのためには、段階的にスピードレベルを発展させていくためのトレーニング及び計画が必要です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top