いつもblogを読んでいただきありがとうございます。

育成年代(ジュニア〜ユース)、プロチームで指導をさせていただいていて、改めて思うことがあります。

それは・・・

『走る』の専門的トレーニングは必要だ!ということです。絶対に必要か?と言われれば『絶対』ではありませんが、『走る』が効率よくなることに越したことはないと考えます。

面白い文献を皆さんに紹介したいと思います↓

試合期 サッカー選手 スプリント技術トレーニング

大学サッカー選手51名の試合期のトレーニングで⑴サッカートレーニング群 ⑵スプリント技術トレーニング①ジャンプトレーニング群 ②2移動運動トレーニング群 という3つにわかれトレーニングを行った。

その結果

⑴サッカートレーニング群は30mスプリント、80mスプリントが有意に遅くなる。

⑵①スプリント技術トレーニング群は30mスプリント、方向転換走が有意に改善された。

②2移動運動トレーニング群は80mスプリント、方向転換走が有意に改善された。

まとめ

サッカー競技の一般的な筋力とスプリントを組み合わせた従来のトレーニングでは、スプリント能力を低下させる可能性があることが示された。

文献内には、実施内容などについてももっと詳細にのっています。ぜひご覧ください。

スプリント技術トレーニング群はなぜ速くなったんでしょうね?

私も多くの選手やチームを指導させていただき、サッカー選手の『スプリント動作時の非効率』な場面によく出会います。

クローズドスキルであるスプリント技術トレーニングはサッカー選手に必ず役立ちます。

なぜなら?

サッカーは全身でやるスポーツですし、『足』を自由に動かせることは重要です。FAAJが提供するスプリント技術トレーニングの指導プログラムはサッカー選手向けにアレンジしています。

昨日もこんな感じで『足の裏』と全身のつながりを感じてもらうところからスタートしていきました。

スプリント技術トレーニング『足接地』(動画)

外で一緒にみているコーチの皆さんからは

「ホンマですね。お尻ひけてますね!」

「あっ、次は前に乗ってきましたね!」

そうですね。ひょっすると選手にはその変化がわかっていないかもしれません。なぜなら自分の『運動』は自分の目で見えないからです。だからこそ選手は一つ一つ集中する必要があるのです。

是非、FAAJのトレーニングを受けてみてください。多くの気づきがあるはずです。