サッカーが上手くなる練習とは?

サッカーの練習やっていて『自分が上手くなっている!?』っ実感ありますか?

『試合に出れる』『試合で活躍する』

試合にでれないと『上手くなっている』は実感できないんでしょうか?

いやっ!

そもそも『試合に出る』『活躍する』というのは・・・

『自分が上手くなっている!』ということと『直接関係するのか?』が怪しいところでもありますよね(この話はいつの日か)。

 

サッカーの技術って?定義は?

私がサッカーチームを指導する場合、競技すなわちスポーツとしてサッカーをしているチームと関わることが多いため、技術の定義を『スポーツ技術の定義』という視点で考えています。

スポーツ技術の定義

1)サッカーで行わる運動の理想的なモデル。理想的なモデルには、過去の研究や科学的知識、実践経験に基づき、何かしらの手法により記述することが可能なこと

2)習得しようとしている理想的な運動を実現するためのやり方、解決法

理想的な運動を習得するについてを考える

サッカーの技術は、時代の変化とともに変わっています。

なぜなら、目的である『勝利』にたいしての『手段』がどんどん変わってきているからです。昔から『戦術』はあったかもしれないけど、ルールも少しづつ変わり、テクノロジーも進化してきた中で、求めらることも変わってきています。

テクノロジーが進化したんだから、それを有効活用してみよう

ゲーム分析アプリである『SPLYZA Teams』をゲーム分析ではなくて、技術練習の分析で使用してみよう!

https://products.splyza.com/teams/guide/

そんな試みを指導しているユースチームで試みてみました。

対面のパス&コントロールを数値化してみる

10mと15mの間のパス&コントロールを、どんどん時間変化とともに発展させていきながら実施しました。

細かい実施時の基準なんかについては 『興味がある!』というお声をたくさんいただければ何かしらの形で表に出したいと思います(フランスのINFでやっているドリルをベースにしてみました)。

SPLYZA Teamsでタグ付けすると『集計』までめちゃくちゃ簡単!

過去に動画見ながら回数カウントしてエクセルにうつしてみてということもやりましたが・・・

こんな感じでサクッと出せます

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

パス評価『繋がった』について『選手』と考える

私:「こないだの集計出したけど、自分たちではどのくらい成功していた?」

選手:「80%くらいですか?」

私:「う〜ん、まあそんなもんかな〜。ちなみにCLの試合時のチームのパス成功率ってどんくらいやと思う?」

選手たち:「60%」「75%」「そんな低いか?90%?」

私:「まあ試合にもよるけど、少なくと80%は超えてくるな。個人でいうと95%超える選手もいてる」

選手たち「マジっすか〜やばいな〜」

私:「もう一回、こないだの対面ドリルの君たちの動画見てほしいんやけど、ゲームとして考えた場合、このコントロールからのパスって繋がるレベル?」

選手:「繋がらないですね」

私:「そうやねん!だからちょっとゲーム目線でも分析してみて集計出してみたんがコレやねん」

選手たち:「低いですね!あの時、終わってからも何でテンポが上がらないかの説明してもらったけど、その通りですね」

私:「となれば、普段からどうすればいいかみえてきた?」

選手:「はいっ!」

練習内容を定量化することでコミニケーションが増える

この後、自主練でも外から見ていても意識が変化したのがあきらかでした。

『SPLYZA Teams』を上手く活用することで選手たちの『心的特性(集中力や動機付け)』に変化が現れました!

もう少し色々と使って面白いこともできそうですし、データを取り溜めていくことで、日々の練習内容の進捗状況なども可視化できるのではないかと考えます。

サッカー選手に『スプリント技術トレーニング』が必要だと改めて感じる

いつもblogを読んでいただきありがとうございます。

育成年代(ジュニア〜ユース)、プロチームで指導をさせていただいていて、改めて思うことがあります。

それは・・・

『走る』の専門的トレーニングは必要だ!ということです。絶対に必要か?と言われれば『絶対』ではありませんが、『走る』が効率よくなることに越したことはないと考えます。

面白い文献を皆さんに紹介したいと思います↓

試合期 サッカー選手 スプリント技術トレーニング

大学サッカー選手51名の試合期のトレーニングで⑴サッカートレーニング群 ⑵スプリント技術トレーニング①ジャンプトレーニング群 ②2移動運動トレーニング群 という3つにわかれトレーニングを行った。

その結果

⑴サッカートレーニング群は30mスプリント、80mスプリントが有意に遅くなる。

⑵①スプリント技術トレーニング群は30mスプリント、方向転換走が有意に改善された。

②2移動運動トレーニング群は80mスプリント、方向転換走が有意に改善された。

まとめ

サッカー競技の一般的な筋力とスプリントを組み合わせた従来のトレーニングでは、スプリント能力を低下させる可能性があることが示された。

文献内には、実施内容などについてももっと詳細にのっています。ぜひご覧ください。

スプリント技術トレーニング群はなぜ速くなったんでしょうね?

私も多くの選手やチームを指導させていただき、サッカー選手の『スプリント動作時の非効率』な場面によく出会います。

クローズドスキルであるスプリント技術トレーニングはサッカー選手に必ず役立ちます。

なぜなら?

サッカーは全身でやるスポーツですし、『足』を自由に動かせることは重要です。FAAJが提供するスプリント技術トレーニングの指導プログラムはサッカー選手向けにアレンジしています。

昨日もこんな感じで『足の裏』と全身のつながりを感じてもらうところからスタートしていきました。

スプリント技術トレーニング『足接地』(動画)

外で一緒にみているコーチの皆さんからは

「ホンマですね。お尻ひけてますね!」

「あっ、次は前に乗ってきましたね!」

そうですね。ひょっすると選手にはその変化がわかっていないかもしれません。なぜなら自分の『運動』は自分の目で見えないからです。だからこそ選手は一つ一つ集中する必要があるのです。

是非、FAAJのトレーニングを受けてみてください。多くの気づきがあるはずです。

 

肉離れについて〜パート3〜

こんにちは!

理学療法士の高階です。

前回は、肉離れ(ハムストリングス)の受傷しやすい身体的特徴について書かせて頂きました。

今回は、どういったメカニズムが肉離れに至りやすいかについて書いていきたいと思います。

書籍から

・ハムストリングス肉離れを2つの受傷機転に分類すると、1つは最大速度での走動作であるスプリント動作における受傷、もう1つは過剰な股関節屈筋、膝関節伸展により生じる過伸張(ストレッチングタイプ)による受傷である。

・特に細い大腿二頭筋近位腱膜をもつ選手は、大腿二頭筋長頭肉離れのリスクが高い可能性がある。

・競技復帰までの期間はスプリント群で平均16週(6~50週)、ストレッチングタイプ群で平均50週(36~70週)とストレッチングタイプ群で有意に延長すると報告した。

・ハムストリングスの静的ストレッチングは競技復帰期間を短縮させ、アジリティトレーニングと体幹スタビライゼーショントレーニングを組み合わせたプログラムは再受傷率を低下させる可能性が示唆された。

参考書籍

福林 徹,金岡 垣治,蒲田 和芳2015『下肢のスポーツ疾患治療の科学的基礎:筋・腱・骨・骨膜』有限会社ナップ

上記のように、ハムストリングスの肉離れは過伸張により受傷しやすいと言われていますが、言い換えれば伸張に耐え得るハムストリングスを獲得する事で、肉離れの受傷率を下げる事が可能であると考えられます。

また、過伸張により肉離れに至ってしまうと復帰までに約50週間掛かってしまうのも選手にとっては辛いことです。

チーム活動では、実際に選手が肉離れに至る前の障害予防として、いくつか取り組むようにしています。

それらの内容もまたこのブログを通してご紹介していければと思います。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございます。

Back to top