サッカー選手に『スプリント技術トレーニング』が必要だと改めて感じる

いつもblogを読んでいただきありがとうございます。

育成年代(ジュニア〜ユース)、プロチームで指導をさせていただいていて、改めて思うことがあります。

それは・・・

『走る』の専門的トレーニングは必要だ!ということです。絶対に必要か?と言われれば『絶対』ではありませんが、『走る』が効率よくなることに越したことはないと考えます。

面白い文献を皆さんに紹介したいと思います↓

試合期 サッカー選手 スプリント技術トレーニング

大学サッカー選手51名の試合期のトレーニングで⑴サッカートレーニング群 ⑵スプリント技術トレーニング①ジャンプトレーニング群 ②2移動運動トレーニング群 という3つにわかれトレーニングを行った。

その結果

⑴サッカートレーニング群は30mスプリント、80mスプリントが有意に遅くなる。

⑵①スプリント技術トレーニング群は30mスプリント、方向転換走が有意に改善された。

②2移動運動トレーニング群は80mスプリント、方向転換走が有意に改善された。

まとめ

サッカー競技の一般的な筋力とスプリントを組み合わせた従来のトレーニングでは、スプリント能力を低下させる可能性があることが示された。

文献内には、実施内容などについてももっと詳細にのっています。ぜひご覧ください。

スプリント技術トレーニング群はなぜ速くなったんでしょうね?

私も多くの選手やチームを指導させていただき、サッカー選手の『スプリント動作時の非効率』な場面によく出会います。

クローズドスキルであるスプリント技術トレーニングはサッカー選手に必ず役立ちます。

なぜなら?

サッカーは全身でやるスポーツですし、『足』を自由に動かせることは重要です。FAAJが提供するスプリント技術トレーニングの指導プログラムはサッカー選手向けにアレンジしています。

昨日もこんな感じで『足の裏』と全身のつながりを感じてもらうところからスタートしていきました。

スプリント技術トレーニング『足接地』(動画)

外で一緒にみているコーチの皆さんからは

「ホンマですね。お尻ひけてますね!」

「あっ、次は前に乗ってきましたね!」

そうですね。ひょっすると選手にはその変化がわかっていないかもしれません。なぜなら自分の『運動』は自分の目で見えないからです。だからこそ選手は一つ一つ集中する必要があるのです。

是非、FAAJのトレーニングを受けてみてください。多くの気づきがあるはずです。

 

女性クライアントを通して感じたこと

おはようございます。

FAAJ、理学療法士の高階です。

今日のブログでは、昨日の女性クライアントのレッスンにて感じたことを書いていきたいと思います。

レッスン前必ず体調を確認する様にしています。

昨日の女性クライアントは少し貧血気味(生理痛の影響)とのことでした。

貧血の状態とは、血液中の赤血球が減少した状態であり、赤血球は酸素を身体の隅々まで運ぶ働きをしています。

その酸素を運ぶ働きが低い状態で、たくさん酸素を使うプログラムは避けた方がいいなと思いレッスン内容を変更しました。

そこはひとまず置いといて。

では、貧血気味の時にはどういった食事を摂ればいいんでしょうか?

女性はよくある症状なので気になる方も多いと思います。

実はタンパク質やミネラル、鉄または銅などの栄養素が減ると鉄欠乏症貧血を招きやすくなります。

じゃあどんな物を食べたらいいの?

そうなりますよね。

鉄は牛、豚、鶏などのレバーや、牛の赤身、まぐろなどの魚の赤身の部分に多く含まれており、これらは動物性食品となります。

また植物性の鉄が多く含まれている食べ物は、大豆、ほうれん草、きくらげ、パセリなどが挙げられます。

女性アスリートの方や日頃からトレーニングを行っている方にとって、貧血などの症状は大きくパフォーマンスに影響します。

日頃から鉄が不足しない様な食べ物を摂る事も重要ですね。

私も知らない事ばかりですが、普段からクライアントを通して多くの事を勉強させて頂いています。

またレッスンを通して感じた事をこのブログを通して書いていきたいと思います。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

見逃さない癖を付ける!!

こんばんは!

FAAJの高階です。

今日で一月も最後ですね。

まだ寒さも続くみたいなので、皆さん体調には気を付けて下さいね。

今日は、ディレクターとのトレーニング中に気付いた点を書いていこうと思います。

まずこの動画をご覧ください。
私のデッドリフトの動画です。

私の中では、お尻を真っ直ぐ落とし、真っ直ぐ立っていたつもりでした。

しかし、恥ずかしながら正中軸から身体が左へ変移していました。

IMG_6951

の様に正中線からズレた状態でトレーニングを行うと、当たり前の様にどちらかに偏り、左右で非対称性が生まれますよね。

これをセラピストやトレーナーが気付かず繰り返し実施させてしまうと、クライアントや患者さんの身体は偏った方に応力が集中してしまいますよね。

最悪、応力集中が積み重なると痛みに繋がってしまう可能性もあります。

特に背中は鏡を通しても見えない部分なので、こちら側で意識して観察する様にしています。

一点に絞って観察する事も大事ですが、全体の中の一部で観察してみると、原因因子が見えてきたりもします。

「木を見て森を見ず」

私もまだまだ「木」と言う小さいものしか見えていませんが、大きな「森」を捉えて、どんどん目を養っていきたいと思います。

自分の身体を通して、小さな発見ができた良き日でした。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございます。

身体の追求は続く…

Back to top