サッカーで捻挫が多いポジションとは?

こんにちは!

FAAJ、理学療法士の高階です。

今日は、サッカーで捻挫が多いポジションについて書いていきたいと思います。

皆さんはどのポジションが一番捻挫の発生頻度が多いと思いますか?

まずは、この表をご覧下さい。

スクリーンショット 2018-03-29 14.02.56

参考書籍

福林 徹、蒲田 和芳2014『足関節捻挫予防プログラムの科学的基礎』有限会社ナップ

この書籍からはDF(ディフェンダー)が一番発生頻度が多いと書かれています。

また、プロサッカー選手ポジション別ステッピング回数の結果の表をご覧ください。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

参考書籍

山本 利春2004『測定と評価-現場に活かすコンディショニングの科学-』有限会社ブックハウスエイチデイ

違う書籍からは、ステッピング回数もDFが一番多い結果となっています。

この2つの結果をまとめると、捻挫の発生頻度が多いのもDFであり、ステッピング回数が多いのもDFでした。

この結果から、試合中に細かいステッピング動作を求められるDFは、地面に接地する回数が多い分、足首を捻るリスクが他のポジションよりも多いことが考えられます。

また、DFは相手に合わせながら身体をコントロールしないといけない為、予想しない動きに対応しようとする際に不適切な着き方をしてしまい、捻挫を起こしてしまう可能性が高くなることが考えられます。

さらに、DFはシュートブロックにいく頻度が多い為、外返しの捻挫も多いと考えられます。

選手達には、ステッピング回数が多くても、予想しない動きに対しても、試合後半の疲労が掛かっている時でも、捻挫を起こさない様な足首のコンディショニングドリルを実施していけるように導いていきたと思います。

またこのブログを通して、サッカーにまつわる内容を書いていきたいと思います。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございます。

 

捻挫を起こしやすい時間帯とは?

こんにちは!

FAAJ、理学療法士の高階です。

今日はサッカーの試合中における捻挫の発生率について書いていきたいと思います。

皆さん、サッカーの試合中で捻挫が発生しやすい時間帯はどの時間帯かご存知ですか?

だいたい予想は付くと思いますが、前半および後半の終盤に受傷しやすいと言われています。

わかりやすい様にグラフにして表していきたいと思います。

スクリーンショット 2018-03-24 15.33.14

前半および後半の終盤それぞれ15分間における受傷が48%を占めている。

これは、試合開始30分経過後の疲労によるものと考えられる。

参考書籍

福林 徹 蒲田和芳2014『足関節捻挫予防プログラムの科学的基礎』有限会社ナップ

では、なぜ疲労が起きると捻挫してしまうのでしょうか?

なんとなくイメージは付くとは思いますが、身体内でどのようなメカニズムが起きて捻挫に至るかが大事な所ですよね。

そのメカニズムは、明日以降のブログで書いていきたいと思います。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございます。

 

 

捻挫に至る時間とは!?

こんにちは!

FAAJ、理学療法士の高階です。

今日は内反捻挫(小指側に捻る捻挫)について書いていきたいと思います。

皆さん、内反捻挫の経験はありますか?

内反捻挫では、「腓骨筋」の反応時間が早い程、捻挫のリスクは防げる可能性が高いと言われています。

では、その「腓骨筋」とはどの筋なのでしょうか?

これが腓骨筋です。

30152F01-46E4-47C1-AB29-64C9DE5F5BF5

ここからは、具体的な数字で捻挫のリスクについて書いていきたいと思います。

まず、内反の正常可動域は30°です。

書籍から↓
・健常者を対象として落とし戸により内反30°を生じさせて実験では、内反開始から内反30°に達するまでにかかる時間は80msecであり、腓骨筋が反応し始める時間は54msecで先行していた。

・外側靭帯にストレスがかかる内反40°に達するには100msecかかると予測し、歩行やランニングではさらに速い時間で内反が生じるため、腓骨筋は突如の内反での障害に対する防御としての素早い反応はできないと述べた。

・機能的不安定性を有する足関節の腓骨筋筋反応時間では、15〜17msec遅延するとされていた。

参考書籍
福林 徹、蒲田 和芳2014『足関節捻挫予防プログラムの科学的基礎』有限会社ナップ

つまり、正常可動域以上のストレスが足関節に掛かり、そのストレスに対して腓骨筋が素早く反応しなければ捻挫を起こしてしまうと言うことはです。

もっと言えば、何度も捻挫を繰り返している選手は腓骨筋の反応時間も遅くなってしまう為、正常可動域内での内反でもストレスが掛かってしまう可能性があります。

捻挫後、腓骨筋反応時間に対するリハビリを実施することで再発を防げるかもしれませんね。

次回も捻挫に関する内容について書いていきたいと思います。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

Back to top