腰痛の原因は◯◯から来ていた!?

こんにちは!

昨日のブログでは、足趾の変形が姿勢に与える影響について書かせて頂きました。

今日はその姿勢から起きる問題について書いていきたいと思います。

皆さん、人生で「腰痛」を起こした事はありますか?

では、腰痛になりやすい姿勢って一体どういった姿勢なんでしょうか?

競技特異的に競輪選手の様な屈曲型

IMG_2407

バレー選手の様な腰を反りやすい伸展型

IMG_2408

ゴルフ選手の様な身体を回す回旋型

IMG_2409

皆さんはどのタイプだと思いますか?

実は「屈曲型」なのです。

腰痛を起こす6割の方が屈曲型の姿勢を取っていると言われています。

参考資料

2016年,CSPT(クリニカルスポーツ理学療法),腰痛・骨盤痛シリーズ資料

今は競技で説明しましたが、普段の姿勢にも当てはまります。

普段からまるーい姿勢を取り続けていると、骨盤周囲の軟部組織が伸ばされ続けるストレスを常に受けてしまうのです。

そのストレスが微細な損傷を生み、腰痛の引き金となってしまうと可能性が高いと言われています。

昨日のブログと繋げると、足趾の変形により体重が指先に乗らず、踵重心になると姿勢はどんどんまるーくなってしまいます。

結果的にその姿勢を取り続けていると腰が痛い…となり兼ねないのです。

子どもでも腰痛は起きます。

その原因が足先から起きているのかもしれませんね。

指が変形しない様な外部環境(靴)の見直しや、足をたくさん使う取り組みをしてみるのもいいですね。

またこのブログから皆さんのタメになる情報を発信をしていきたいと思います。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

姿勢の悪い子は実は◯◯が原因!?

こんばんは!

FAAJ、理学療法士の高階です。

以前このブログで「運動連鎖」について書かせて頂きました。

今日は足元からの運動連鎖(私の主観的な考えも踏まえて)について書いていきたいと思います。

一度皆さん、猫背の様な背中がまるーい姿勢を想像してみて下さい。

そういった方って重心は前に乗っていると思いますか?

それとも後ろに乗っていると思いますか?

皆さんおわかりの通り、後ろに乗っていますよね。

IMG_2405

この方も重心が後ろに乗りっぱなしでは転けてしまうので、身体を前に持っていきバランスを取っています。

こういった姿勢の方は普段から踵に体重が乗る事が多くなり、足の指で地面を捉える事が少ない様に思いませんか?

実は子どもも一緒なんです。

子どもでも姿勢がまるーい子がいますよね。

そういった子は上から丸くなっているのではなく、指の変形などでうまく指先が使えずに段々と重心が踵の方に乗っていってしまうのです。

すると、足元から膝→股関節→骨盤→背中と重心がどんどん後ろに持っていかれて、気が付けばまるーい姿勢になっていたりするんですよ。

ゲームなどで姿勢が悪くなるのも一つですが、たくさん足元(指先)を使っている子は自然と姿勢が良くなるのかもしれませんね。

お父さん・お母さんは自分の子どもの姿勢が悪いと思ったら一度足の指をチェックしてみて下さい。

もしかすると変形が進んでいるかもしれません。

このブログを読んで「ウチの子どもの指こんなんでした」などあれば何でも構わないので教えて下さい。

またこのブログを通してたくさんの発見や気付きを書いていきたいと思います。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

Back to top