大腿前面部の浅筋膜リリース

おはようございます。

FAAJの高階です。

前回のブログでは、股関節前・後面部の滑走不全が起こりやすい筋を具体的にご紹介させて頂きました。

今日はその滑走不全が起こりやすい筋に対してのリリース方法について書いていきたいと思います。

まずは動画をご覧下さい。

IMG_7995

IMG_7970

「大腿筋膜張筋」「外側広筋」「大腿直筋」付近の皮下脂肪を内側の方向へつまみながらリリースしています。

この部位(股関節前面部)の滑走性が上がることで、後屈時に制限となっている組織に抵抗がなくなり、特に大腿筋膜張筋が外側へ滑走していきます。

リリースが終了後は、大腿筋膜張筋のストレッチを行うとより効果的となります。

次回のブログは、その大腿筋膜張筋のストレッチ方法をご紹介していきたいと思います。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

足関節改善プロジェクト〜カーフレイズの変化〜

こんにちは!

FAAJの高階です!

毎日、自分で自分の足に対してISR(組織間リリース)とスタビライズ(バランスシューズ)を実施しています。

思いの外、リリース実施側の腓骨筋の力の入りが方が変わって来た気がします。

ここは筋電図を付けて、波形を見てみたいとこですね。

そこで今日は、ISRとスタビライズ実施後にカーフレイズの変化について載せていきたいと思います。

動画をご覧下さい。

実施前

IMG_7112

実施後

IMG_7115

僕が他人なら、「えー絶対嘘でしょ✋️」

って心の中で思っていると思います!笑

いやいやいや、高度専門職の人がこんな公の場で嘘だましみたいなことはできませんよ!笑

ISR・バランスシューズを実施する前と比べて、主観的ではありますが明らかに小指を持ち上げる感覚に変化を感じました。

まだ触診も曖昧な部分があるので、触れた後にリリース出来ているかまで指先を敏感にしていきたいと思います。

こうやって自分の足に神経を研ぎ澄ましながらアライメントの変化を追っていきたいと思います。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございます。

足の追求は続く…

 

改善プロジェクト〜足部編〜(筋間リリース)

こんばんは!

FAAJの高階です。

今日のリリースはココココ!!

IMG_7109

腓骨筋と長趾伸筋です!!

今日はここの筋間リリースです。

まずは動画をご覧下さい。
(長趾伸筋を腓骨筋から離すようにリリースしています)

IMG_7105
私みたいに踵が小指側に倒れているタイプの方は、踵を真ん中に戻す為にたくさん腓骨筋の働きが必要になります。

しかし、その腓骨筋が接着剤のように横隣にいる長趾伸筋と癒着していたら、うまく腓骨筋が働かない為、踵を適切な位置に戻しづらくなるのです。

少し自身自身で腓骨筋のいい収縮感が得られるまで継続してリリースしていきたいと思います。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございます。

足の追求は続く…

Back to top