サッカー選手と肉離れ

こんにちは!

FAAJ、理学療法士の高階です。

サッカー選手においても肉離れは発生します。

いろんな情報をわかりやすく投稿して下さっていて、私自身もよく参考にさせて頂いているリンクです。

http://sports-doctor93.com/pulled-muscle-mechanism/

↑お時間ある際に皆さんも一度読んでみて下さい。

さて、今回はサッカー選手がフィジカルトレーニング中にハムストリングスを損傷し、練習再開まで関わらせて頂いたので内容をまとめてみました。

受傷機転:スプリントトレーニング中に左もも裏に違和感を訴える。

受傷2日後にアプローチを開始する。

収縮時痛(自動のみ)・伸張時痛(自動・他動共にあり)・圧痛あり、静止時の疼痛なし。

日常生活レベルでは問題なし。

走動作(接地~)になると痛みあり。

病院受診を受けたが、軽度の肉離れと診断されリハ処方はなし。

早期の練習再開を希望して、再発予防を含むコンディショニングを担当する。

練習の疲労がある中で、高強度のスプリントトレーニングの際に受傷しており、接地期に違和感を覚えていることからハムストリングスに遠心性収縮の負荷が掛かった際に負荷の抵抗力に耐えれず受傷したものと思われる。
日常生活には支障が出てはいないが、練習再開には少なからず日数がかかることの説明を行う。

触診にて圧痛部位が大腿二頭筋近位部であり、SLR、MMTでも痛み・違和感の出現する部位と一致したためアプローチを開始する。

浅筋膜ヘのアプローチとして、手指でのリリースとともにスキンストレッチというツールを使用。スキンストレッチについては後日紹介します。

『治療過程は、損傷部位への血液・栄養素・繊維芽細胞の増殖性浸潤を高めることによって引き起こされ、その結果コラーゲンが沈着し最終的な成熟に帰着する。KraushaarとNirschl(1999)によると、腱は内的な治療能力を有しており、もし線維芽細胞によって引き起こされる過程が細胞基質の最終的な安定性に貢献して新旧のコラーゲンを統合する場合、治癒が起こりうる。』参考書籍:膜・筋膜 最新知見と治療アプローチp400参照

↑上記のような効果を狙い浅筋膜へアプローチ

スキンストレッチ

IMG_0920 IMG_0932

股関節の屈曲を制限している大殿筋とハムストリングスの筋間リリースをISRにて実施する。

大殿筋リリース

股関節―骨盤マルアライメントを改善する目的でリアラインコアを装着して、軽度の基本運動を実施する(痛みなし)。

リアラインコア

アプローチの効果を持続させる為、障害部位に対しキネシオテーピングで筋膜促通テープ、大腿二頭筋抑制テープを貼る。
テーピング参考書籍:臨床キネシオテーピングP292参照 ←色々とわかりやすい

キネシオ

一回目のアプローチを終了する。

その3日後、7日後、9日後、13日後にアプローチを行う。

圧痛がなくなり始めた第3回目からのアプローチでは、大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋・大内転筋に対してアプローチを実施する。

IMG_1221

練習再開の目安として、膝関節最大屈曲位での10秒間の抵抗に対して痛みや違和感が発生しないことを目標にした。

本日、13日目に目標をクリアした。

その他にも、CMJやCMJAと言ったジャンプ動作、フォワードランジ、リバースランジなどのエキセントリック局面でも問題を生じなかった。スプリントトレーニングに対しては、段階を追って全力疾走に戻す様にアドバイスする。

今回、肉離れを受傷してから練習再開まで関わる中で左足底腱膜炎の既往歴があることや、触診していく中で下腿三頭筋外側頭や短・長腓骨筋にも筋緊張が高いような感じもした為、再発予防の為にセルフケアなどの指導も行いました。

徒手的に行ったアプローチがなかなか目標に至らなかった問題点としては、私自身の触診やISRのレベルが上がれば、復帰までの道のりももう少し早くに到達していたのではないかと思います。

その反面良かった点は、最終日のアプローチ前に起きていた抵抗に対する違和感が消失したことは、一つのヒントになったような気がします。

このような一つ一つの経験を積み、更なるレベルアップを図っていきたいと思います。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

下角滑液包リリース

こんにちは!

FAAJの高階です。

以前のブログで下角滑液包の癒着に関する記事を書かせて頂きました。

IMG_7239

今日は、その癒着に対するリリースについて触れていきたいと思います。

ではまずは動画をご覧下さい。

IMG_7248

IMG_7255
この青丸エリア(前鋸筋と肩甲下筋の間)に指を滑りこませゆっくり上下に移動させて下さい。

この癒着が改善すると、肩甲骨間の菱形筋や僧帽筋下部の働き(胸を張る様な動き)に変化が出てくると思います。

セルフリリースの中でも難易度はやや高いですが是非実施してみて下さい。

明日は、上位胸郭のスタビライズについてご紹介させて頂きます。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

Back to top