高校生の足はすでに○○が始まっている!?

こんばんは!

FAAJ、理学療法士の高階です。

今日のブログは、足にトラブルを抱えたことのある高校生の足について書いていきたいと思います。

以前、チーム活動中に「今まで捻挫や足を怪我したことがある選手少しだけ協力して〜」と言い、その選手達の足首周りの写真を撮らせてもらいました。

皆さんに質問です。

過去に足にトラブルを抱えた事のある選手の足って一体どういった足なんでしょうか?

歪んでいる?

それとも何も怪我した事のない足とそう変わらない?

さぁ、実際見ていきましょう。

BE322BD1-2D66-42EA-961D-86FB31E1BB8F 33917E73-0D5D-47B6-B135-4D29144B1C1D 3E7D8339-41DA-48BF-8D11-14366FF1D2C9

外反母趾に加えて内反小趾(小指が内側に捻れている)の選手がたくさんいました。

まだ載せていないだけで、他にも変形している選手も何人かいました。

サッカーでは、急なストッピング動作や方向転換、また再スタートやジャンプ動作などで足の指は地面を捉える為に必ず働かなければいけません。

しかし、変形をした指ではしっかりと地面を捉えることができるでしょうか?

もっと言えば、変形が起きていると言う事はどこかに応力が集中しているはずです。

それを放っておくと違和感や痛みに変わり、そうなると本来働くべき方向に力が加わらず、働かなくてもいい部位が無駄なストレスを受けてしまう可能性があります。

私が選手の足と靴を観察させて頂いた際に、もう一つ気になる事がありました。

靴のサイズ選びです。

まず理想的なサイズ選びをできている選手から見ていきましょう。

09B3528F-0EA1-4393-9D00-8632FB02FDCD

中敷の先端から指先まで指一本分の隙間が空いています。

練習や試合中、たくさん指を動かすにはそれなりのスペースが必要となります。

次にサイズが不適切な選手を見ていきましょう。

A7EA7093-3BFD-4C43-97CB-874815526B44 ECD057BD-02F1-4920-8FC8-15ED9C7E5ED7
一人は横が、もう一人は縦に余裕がなく、足とスパイクがあっていない選手です。

私も一度キツキツのスパイクで試合をしたことがありますが、指先が常に曲がった状態で後半になるに連れて指先が痛くて止まる動作が恐かったのを覚えています。

足を靴に合わせるのか?

靴に足を合わせるのか?

「この選手がこのスパイク履いているからオレも履こう」

気持ちはわかります…

見た目はカッコイイですが靴の中では足が泣いていますよ。

まずは自分の足にしっかり合ったスパイクを選んであげて下さい。

今後も足にまつわる情報を皆さんに発信できたらと思います。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございます。

足の機能を阻害させない靴の選び方

FAAJの高階です。

今回はシューズの効果について触れていきたいと思います。

皆さんは普段の靴からスポーツシューズまで何を基準に選んでいますか?

デザイン? ブランド? 履き心地?

恥ずかしい話、私自身現役中は完全にデザインのみで選んでいました。

以前、某高校サッカー部に帯同した時に選手のスパイクを見て、あちこち破れている状態でプレーをしており、思わず「大丈夫?」と呟きたくなる様なスパイクを履いている選手がちらほら見受けられました。

どれだけ身体の土台(体幹部)が整っていたとしても、唯一地面と接している足元が不安定であると肝心な土台も一緒に不安定となり十分に力発揮ができません。

そんな考えから、選手のスパイク選びや足元から何か変化を与えられるような手助けをしたいと思っています。

そこで、スパイクを選択する際に確認するポイントをひとつ紹介したいと思います。

スパイクのball joint(指折り返し部分)の可動性です。

※スパイクの画像

ポイントは、①十分な踏み返しができる靴、②足構造に合わせて足趾MP関節部の可動性がある靴です。(適切な部分での折り返し)

通常、歩行周期の後半に親指で地面を蹴り出す動作が求められます。

その際に土踏まず(足底腱膜)が輪ゴムの様に一度伸ばされ、その伸ばされた遠心力により足底腱膜が縮まることで足が前方へ運ばれる働きが生まれるのです。

その働きをウィンドラス機構と言います。

参考までに

そのウィンドラス機能が適切に働いている足でも、スパイクのball jointの可動性が少なかったり、不適切な部分で曲がっていればその機能も活きることはありません。

まずは、人間の身体的な機能を阻害しない様に適切なスパイクの選定を選手に提供できる様に取り組んでいきたいと考えています。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

『足』の追及は続く・・・

参考書籍

坂口 顕 2013 『理学療法士のための足と靴のみかた』 株式会社文光堂p131

Continue reading

靴の変形が足部傷害に及ぼす影響その②

こんにちは!

FAAJの高階です。

以前ブログで書いた、『靴の変形が足部傷害に及ぼす影響その①』内容の続きとして、今日はヒールカウンター(靴の踵部分)が潰れた状態でのプレーがどういった足部傷害に繋がるかについて書いていこうと思います。

まずヒールカウンターが潰れてしまうと靴の踵部分の自由度が大きくなり、踵が外側や内側に大きく動くようになります。

踵が大きく動いた状態を積み重ねていくと、踵から起きる足部の変形を進めてしまう可能性があります。

本来ヒールカウンターは踵があちこち傾かない様にしっかり収めてくれる働きがあるのに、その働きがなくなってしまうと踵が外側に倒れやすくなり、捻挫のリスクが上がります。

また、その逆で踵が内側に倒れる(回内)と足部アーチを形成する筋(後脛骨筋)が伸ばされます。

↓後脛骨筋(起始:脛骨後面および腓骨内側面の上部2/3 停止:舟状骨粗面)

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891

この後脛骨筋が伸ばされると、下腿の付着部が引っ張られて炎症が起きてしまいます。

その傷害をシンスプリントと言います。

参考URL

http://matome.naver.jp/odai/2143904629849747301

足部の傷害に至る前に予防できることとして、選手の足部アライメントのチェックも大切ですが、靴のチェックも欠かさずにしてあげて下さい。

靴の踵が傾いていたり、潰れていると、足の変形も必ず進みます。

靴のコンディションがこどもの足のコンディションです。

常に意識して観てあげてくださいね。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございます。

『足』の追及は続く・・・

Continue reading

Back to top