サッカーが上手くなる練習とは?

サッカーの練習やっていて『自分が上手くなっている!?』っ実感ありますか?

『試合に出れる』『試合で活躍する』

試合にでれないと『上手くなっている』は実感できないんでしょうか?

いやっ!

そもそも『試合に出る』『活躍する』というのは・・・

『自分が上手くなっている!』ということと『直接関係するのか?』が怪しいところでもありますよね(この話はいつの日か)。

 

サッカーの技術って?定義は?

私がサッカーチームを指導する場合、競技すなわちスポーツとしてサッカーをしているチームと関わることが多いため、技術の定義を『スポーツ技術の定義』という視点で考えています。

スポーツ技術の定義

1)サッカーで行わる運動の理想的なモデル。理想的なモデルには、過去の研究や科学的知識、実践経験に基づき、何かしらの手法により記述することが可能なこと

2)習得しようとしている理想的な運動を実現するためのやり方、解決法

理想的な運動を習得するについてを考える

サッカーの技術は、時代の変化とともに変わっています。

なぜなら、目的である『勝利』にたいしての『手段』がどんどん変わってきているからです。昔から『戦術』はあったかもしれないけど、ルールも少しづつ変わり、テクノロジーも進化してきた中で、求めらることも変わってきています。

テクノロジーが進化したんだから、それを有効活用してみよう

ゲーム分析アプリである『SPLYZA Teams』をゲーム分析ではなくて、技術練習の分析で使用してみよう!

https://products.splyza.com/teams/guide/

そんな試みを指導しているユースチームで試みてみました。

対面のパス&コントロールを数値化してみる

10mと15mの間のパス&コントロールを、どんどん時間変化とともに発展させていきながら実施しました。

細かい実施時の基準なんかについては 『興味がある!』というお声をたくさんいただければ何かしらの形で表に出したいと思います(フランスのINFでやっているドリルをベースにしてみました)。

SPLYZA Teamsでタグ付けすると『集計』までめちゃくちゃ簡単!

過去に動画見ながら回数カウントしてエクセルにうつしてみてということもやりましたが・・・

こんな感じでサクッと出せます

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

パス評価『繋がった』について『選手』と考える

私:「こないだの集計出したけど、自分たちではどのくらい成功していた?」

選手:「80%くらいですか?」

私:「う〜ん、まあそんなもんかな〜。ちなみにCLの試合時のチームのパス成功率ってどんくらいやと思う?」

選手たち:「60%」「75%」「そんな低いか?90%?」

私:「まあ試合にもよるけど、少なくと80%は超えてくるな。個人でいうと95%超える選手もいてる」

選手たち「マジっすか〜やばいな〜」

私:「もう一回、こないだの対面ドリルの君たちの動画見てほしいんやけど、ゲームとして考えた場合、このコントロールからのパスって繋がるレベル?」

選手:「繋がらないですね」

私:「そうやねん!だからちょっとゲーム目線でも分析してみて集計出してみたんがコレやねん」

選手たち:「低いですね!あの時、終わってからも何でテンポが上がらないかの説明してもらったけど、その通りですね」

私:「となれば、普段からどうすればいいかみえてきた?」

選手:「はいっ!」

練習内容を定量化することでコミニケーションが増える

この後、自主練でも外から見ていても意識が変化したのがあきらかでした。

『SPLYZA Teams』を上手く活用することで選手たちの『心的特性(集中力や動機付け)』に変化が現れました!

もう少し色々と使って面白いこともできそうですし、データを取り溜めていくことで、日々の練習内容の進捗状況なども可視化できるのではないかと考えます。

「量」とは?

こんにちは!

FAAJ、理学療法士の高階です。

今日はトレーニングの「量」について書いていきたいと思います。

皆さんよく練習後に「今日は結構な量やったな〜」なんて事を言っていませんか?

では、その「量」っていうのは一体何なんでしょうか?

書籍から参考になる記事があったのでご紹介していきたいと思います。

・「量」とはトレーニングの刺激によって定義され、トレーニングセッションの頻度、期間、強度に依存する。
・アスリートの栄養状態やトレーニングの状態、トレーニングセッション後のリカバリー期間など、その他の要因もまたトレーニング刺激に影響する。この刺激は、トレーニングによる適応と解釈される生物学的シグナルを与える。
参考書籍
長谷川博2015『エンドュランストレーニングの化学-持久力向上のための理論と実践-』有限会社ナップ

ここで、日本語の整理をしていきたいと思います。
頻度→ある事の繰り返される度合い(週○○回)
期間→ある期日または日時から、他の期日または日時に至るまでの間(○○ヶ月間)
強度→その材料が持つ、変形や破壊に対する抵抗力を指す(トレーニングでは距離、インターバル時間、本数など)

また同じ書籍には、
・一般にVo2maxは、子ども青年期の人では、十分な頻度強度持続時間のトレーニング後におよそ5〜10%増加する。
と書かれています。

では、子どもや青年期における十分な量(頻度、期間、強度)とは一体どういったものなんでしょうか?

心拍数との関係もありそうな…?

またこのような答えも今後このブログを通して書いていきたいと思います。

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございます。

さまざな刺激について

こんばんは!

FAAJ、理学療法士の高階です。

今日は書籍の情報とチーム活動での取り組みについて書いていきたいと思います。

サッカーに必要な刺激とは?

プログラムを考える際、常にそこを一番の目的として組むようにしています。

選手にとって既にできている刺激は必要なんでしょうか?

敢えて難しい状況に置き換えるとどうなるのか?

書籍から一つ参考になる記事があったのでご紹介していきたいと思います。

・筋の動員や最大出力がランニングのパフォーマンスに重要ではあるが、協調性の観点では、負荷は主に高重量によってではなく、むしろ低重量であっても不安定なウェイト、さまざまな地面、初期姿勢に変化をもたせるなど大きな変容生をもたせて実施すべきである。変化は筋力トレーニングをさらにおもしろくさせ、負担を軽減する。
参考書籍
パフォーマンスの科学 David Joyce 2016 有限会社ナップ

記事では筋力トレーニングで書いていますが、他の種目に置き換えても類似することだと思います。

選手たちに対して、さまざな刺激で変容生をもたせることが、サッカーの場面でもあらゆる刺激に対応できるのではないかと思います。

選手たちから「うわぁ、難しい」「お前なんかぎこちないぞ」トレーニング中にこんな言葉がちらほら聞こえてきます。

サッカーという複雑な動きに比べたらシンプルな動き…

それが出来ないのになぜサッカーはできているのか?

出来ない理由は必ずあるはずです。

そのピースを埋めてあげれるようにたくさんの引き出しをこちらも準備していきたいと思います。

その為にはまず自分のアップデートから!

今年もチーム活動での気付きなどをこのブログに書いていきたいと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

Back to top